証明書
お問い合わせ
Tel:+ 86-755-23091101&+ 86-755-23091100  
FAX:+ 86-755-23091102   
情報:info@wipanda.com
住所:ブロックH、Juyin Technology工業団地、1番Ganli Rd、Buji Str。、Longgang地区、深セン、広東、
中国郵便番号:518000
お問い合わせ
ホーム > ニュース > 業界ニュース > 太陽電池バックプレーンの性能と検出方法

ニュース

太陽電池バックプレーンの性能と検出方法

  • ソース:インターネット
  • 公開::2019-01-19

太陽エネルギーバッテリバックプレーンは、モジュールの背面の最外層にあり、屋外環境で太陽電池モジュールを湿気から保護するもので、通常は3層構造です。外側保護層は耐環境腐食性(水蒸気浸食、紫外線抵抗性などを防ぐため)を有し、中間層は良好な絶縁性能および強度を有するPETポリエステルフィルムであり、そして内側フィルムPEVAまたはPEおよびEVAフィルムは良好な接着性を有する。パフォーマンスをつなぐ。

厚さ

一定の絶縁性能を達成するために、PETの厚さは一般に250μm、PVDFの厚さは25μm、PEVAの厚さは70μm、そして両方の接着剤層の厚さは異なる。 10μm程度です。したがって、ソーラーバックシートKPKの厚さは320±10μmであり、KPEの厚さは365±10μmである。

検出方法:材料の厚さは厚さ計で測定されます。

引張強度、破断点伸び、ピール強度など

引張強度(MD、TDに分けられる):2。

バックシート試験片の破壊時の最大荷重は、異なる厚さおよび材料のバックシートに対して異なる引張強度を有する。

破断点伸び(MD、TDに分けられる):3。

バックシート試験片の最大破断点伸びは、異なる厚さおよび材料のバックシートについて異なる破断点伸びを有する。

初期層間剥離強度(MD、TDならびに第1および第2の面に分けられる):

バックシートの層間の接着強度を試験した。最も一般的な基準は≧4N / cm(1N / cm = 1000Pa)である。

沸騰後の層間の剥離強度(MD、TDならびに第1および第2の面に分けられる):5。

バッキングプレートを沸騰水浴中に24時間置いた後、バッキングプレートの層間の接着強度を試験したところ、最も一般的な基準は4N / cm(1N / cm = 1000Pa)以上であり、沸騰後に粘着性または黄変はなかった。しわや層間剥離などの悪い現象。

5.バックシートとEVAフィルムのラミネート後の剥離強度

バックシートとEVAフィルムの接着強度をテストするこのテストは、アナログコンポーネントの現在の製造状況であり、異なるバックシートと異なるEVAフィルムの間の接着強度には一定の差がありますが、一般的な規格は≧40Nです。 / cm

試験方法:長さ約300 mm、幅150 mmの強化ガラスを一枚用意し、同サイズのバックシートとEVAを強化ガラスに順に貼り合わせ、貼り合わせ機で貼り合わせる。積層固化後、室温で4時間以上放冷し、硬化部を1×300mmの短冊状に切断した。それらのいくつかを取り、手動でEVAからバッキングプレートを約20mm離し、サンプルを引っ張り試験機に固定し、毎分100mmの速度で180°ピールを行い、毎回100mmピールをはがし、結果をデータに記録します。中央値

上記引張強度、破断点伸び、および剥離強度は、いずれも引張試験機により測定した。

寸法安定性(熱収縮性)

MDおよびTD方向において、バックシートを150℃で30分間焼き付けた後、長さ方向および幅方向の収縮について試験した。より一般的な基準は1.5%以下です。

水蒸気透過率

検出方法:3つの検出方法、すなわちカップ法、電気分解法、赤外線法、太陽光発電産業電気分解法があります。

水蒸気透過率を検出するための電解法:前処理されたサンプルを試験室の中央に固定し、試験室を上下2つの室に分け、比較的安定した湿度のガスをフィルムの上室に、乾燥ガスを下室に流す。水分子は、試料を通って他方の乾燥気体に拡散し、流れる気体によってセンサに運ばれ、センサによって測定された水蒸気濃度を分析して水蒸気透過量を計算する。

光透過率

GB2410−80「透明プラスチック透過率および曇り度試験方法」によれば、それはEVAフィルムの透過率を測定するための標準的方法である。この規格で選択されている試験機器は積分球ヘイズメーターであり、同じ結果が得られる他の試験機器も使用することができる。


免責事項:内容は一部インターネットからのものです。より多くの情報を引き渡すために、それはその見解に同意することまたはその説明を確認することを意味しません。記事の内容は参照用です。侵害がある場合は、時間内に連絡してください。