証明書
お問い合わせ
TEL:+ 86-755-23091101&+ 86-755-23091100.  
ファックス:+ 86-755-23091102   
情報:info@ipandee.com
住所:フロア2、Building A2、Lilang Software Park、No. 31、Bulan Road、Nanwan Street、Longgang District、Shenzhen
中国郵便番号:518000
お問い合わせ
ホーム > ニュース > 業界ニュース > 日本は今後10年間で150億キロワットの設備容量を持つと見込.....

ニュース

日本は今後10年間で150億キロワットの設備容量を持つと見込まれている

  • ソース:インターネット
  • 公開::2019-03-20
東京を拠点とする調査会社RTS Corp.による最近の報告によると、日本の太陽光発電の累積設備容量は、2018年末までに約55.5 GWから150 GWに増加する可能性があります。

RTSは、日本当局は今後10年間で約100GWの増加を達成し、ついには年間約150億kWhの電力を供給し、これが国の総需要の15%を占めると考えています。提案されているガイドラインは、プロの参加者と政策決定者からのフィードバックに基づいています。

いつもと同じビジネスで、RTSは国が年に4-6 GWを設置すると見積もっています、そしてそれは政府の現在の2030年の装置政策64GWが来年かそこらを超えるであろうことを意味します。この速度によると、累積国家容量は2030年までに121 GWに達するかもしれない。しかし、今世紀の初めまでに研究会社が加速的に追加されたことによると、総設備容量は70GWに達し、2030年までに153GWに達することができます。

「グリッドの制約を克服し、貯蔵コストを削減し、規制を簡素化すると、装置は加速しなければならず、太陽光発電の累積設備容量は2030年までに150 GWを超えると予想されます。」太陽光発電産業への投資を刺激するための年間セキュリティモール。」


solar charge controller manufacturer

ソーラー充電コントローラー研究開発センター


RTSは、住宅用および小規模の産業用および商業用PVの配置は、大規模な産業用および商業用セクターにおける新規プロジェクトの「着実な追加」によって後押しされると推定しています。今後11年間で、電気自動車、水素製造、農業など、いくつかの新しい分野における電力需要によって、10 GWの太陽光発電容量が追加される予定です。これとは対照的に、大規模な産業用および商業用セグメントからの需要が最大60GWの新しいロングフェイスキャパシティをもたらすのに役立つ一方で、住宅および小規模計画のビジネスニーズは最大80GWの展開を後押しします。

2012年7月に日本で導入されたFIT政策は、太陽光発電装置ブームを大いに促進し、太陽光発電の累積設備容量は、政策前の5GWから2018年末の55.5GWまで急速に増加した。

FITシステムの下では、かつて機器の主力を占めていた公益事業のPVプロジェクト計画は、引き続き減少しました。 RTSは、2020年以降、50kW未満の太陽光発電システムが年間設置容量の大部分を占めると推定しています。 10 kW未満の住宅用ルーフPVアレイの需要は「着実に追加」されていますが、RTSは、10 kW〜50 kWのPVアレイが「今後数年間で住宅モールとともに主要モールを形成する」と考えています。

日本の内閣は昨年7月に国の第5回戦略的運転計画を通過しました。このプログラムの最新版は、以前の戦略的青写真からの政府のやる気を起こさせるアプローチを維持するために3年ごとに改訂されています。それは同レベルのプログラムの電力構成を維持し、再生可能電力は国の総電力供給量の22%から24%を占める。

RTSの調査データによると、日本の総電力需要は現在927.8テラワット時で、これには産業、商業、家庭および運輸部門の電力消費が含まれます。 RTSは、2030年までに製造業に60 GWの太陽光発電を供給すると推定しており、これは職業の総電力需要の約10%を占めています。今後10年間で、住宅地の太陽エネルギー容量は80GWに達し、全世帯の電力需要の約20%を占めるでしょう。 2030年までに、最大10GWの太陽エネルギーが農業に電力を供給すると推定されています。

今年1月、日本政府は国内で3回目のPV入札で、196.6メガワットの新太陽光発電設備容量を開発者に発行しました。これまでのところ、3回の入札で、開発に500MWが使用されている限り、ポリシーは1〜1.5GWです。 2月に、経済産業省(METI)は、プロジェクトの範囲を拡大する国の計画により、商業用太陽光発電システムのFITを10kWから500kWに削減する可能性があると指摘しました。経済産業省は、小規模商業用太陽光発電プロジェクトのFITを18円/ kWh(0.165ドル)から14円に引き下げることを推奨した。しかし、経済産業省も2019年3月31日から9月30日まで2MWを超える公共事業を削減する予定のFITを延期した。

High power mppt controller

ソーラー充電コントローラーmpptコントローラー



私達はMPPTのコントローラー、インバーター、UPS、太陽エネルギー、風力エネルギーおよび他のエネルギー発電プロダクトの生産を専門にするR&D、生産、販売およびサービスを統合する国家の主要なハイテク企業です。主な製品は工業用グレードのMPPTソーラーコントローラーです。ソーラーインバータ、太陽光発電システム、UPSなどのエネルギー製品。それは中国のMPPTコントローラの大手メーカーです。


免責事項:内容は部分的にインターネットからのものです。より多くの情報を引き渡すために、それはその見解に同意することまたはその説明を確認することを意味しません。記事の内容は参照用です。侵害がある場合は、時間内に連絡してください。


在线客服系统