私たちに関しては
私達は車のインバーター、産業インバーター、太陽/風インバーター、MPPT太陽充満コントローラー、太陽/風発電システム、UPSなどを専門としています。 TUV、CE、FCC、CB、CSAの国際認証に合格し、高速鉄道、地下鉄、CCTVモバイル制御室、2010年の広州アジア競技大会、2011年の深圳ユニバーシアードなどの国家主要プロジェクトで電力セキュリティサービスに使用されています。主にヨーロッパ、アジア、アメリカ、オセアニア、アフリカで、電気、消防、輸送、金融、建設、そして200以上の国と地域に広く輸出されています。
資格証明書
Off-grid Solar System Configuration
Average Sunshine Hour(according to the local average sunshine time)
Rated Power W Load Working Time Hours/Day
Continuous Rainy Day Day Rainy Days Interval Day
Battery Voltage V Discharge Depth %
Conversion Rate % Load Working Power (max)/Inverter Rated Power %
Conversion Rate % Solar Array Power /MPPT Controller Rated Power %
Load Required Power Generation(Per Day) WH
Total Power W
Nominal Voltage V Capacity AH
Full Charge Time DAY Sustainable Working DAY
DC Input Voltage V Rated Power (Min) W
Controller Voltage V Rated Current (Min) A

solution
Solar Array Connection
Rated Power W Expected Distri. Ratio % Total Power W
Rated Power W Voc V Vmpp V
Single Cell V Series Number PCS Battery Pack Volt V
Max. Input Voc V
Number Of Solar Panels PCS
Min. Series No. PCS  Parallel No. PCS
Solar Panels PCS Actual Distri. Ratio %
Max. Series No. PCS Parallel No. PCS
Solar Panels PCS Actual Distri. Ratio %
Optimal Series No. PCS Parallel No. PCS
Solar Panels PCS Actual Distri. Ratio %
1.解決策が無効です。正しいパラメータを再度入力してください。
2.上記データは参考値です。
よくある質問 もっと
購入前に製品のパラメーターとマニュアルをどこで確認できますか?
A1:関連ファイルは公式サイト - ダウンロードから入手できます。
顧客にOEMまたはODMサービスを提供できますか?
A:はい。顧客は正式な承認書を提出する必要があります。私達は私達のパートナーシップを厳しく機密扱いし、カスタマイズされたプロダクトは第三者に販売されません。
MPPT充電コントローラーはリチウム電池を充電できますか?設定方法は?
A:はい。すべてのシリーズコントローラは、APPまたはPCソフトウェアによってリチウム電池用の「ユーザー定義」電池タイプを設定できます。 Galaxy、Master、Marsシリーズもコントローラー自体でバッテリータイプをリセットすることができます。
リチウム電池を充電するためのパラメータの設定方法
現在、MPPTコントローラの充電は主に伝統的な従来のバッテリパック(12Vは直列と並列の直列で構成されています)用に設計されており、バッテリシステムはバッテリ電圧に従って自動的に識別されます。したがって、リチウム電池パックを充電する必要がある場合、それを従来の電池に変換する必要がある。グループ、変換方法は以下の通りです。
リチウム電池パックの公称電圧は9〜15Vで、従来の12V電池パックと同様に、内部計算比は= 1です。
リチウム電池パックの公称電圧は18〜30Vで、従来の24V電池パックと同様に、内部計算比は2です。
リチウム電池パックの公称電圧は32〜40Vで、従来の36V電池パックと同様に、内部計算比は3です。
リチウム電池パックの公称電圧は42〜60Vで、従来の48V電池パックと同様に、内部計算比は4です。
リチウムバッテリパックの公称電圧は72〜120Vで、96Vの従来型バッテリパックと同様に、内部計算比は8です。
リチウム電池パックの公称電圧は144〜240Vで、従来の192V電池パックと同様に、内部計算比は16です。
同時に、バッテリ充電には2つの主なパラメータがあります。1つはメイン充電電圧値、もう1つはフローティング充電電圧値です。そのため、最初にリチウム電池パックの主充電電圧値を確認してください。リチウム電池パックには浮遊充電圧力値がありませんので、推奨します。浮遊電圧値≦主充電電圧値 - (0〜0.3V)
たとえば、ユーザーのリチウム電池パックのパラメータは次のとおりです。公称電圧は48.1V(直列の3.7Vセル13個で構成)、最大充電カットオフ電圧は54.6V(4.2V * 13)(このパラメータはメイン充電電圧を参照します。
リチウム電池パックのMPPTコントローラパラメータを設定する手順は次のとおりです。
1)。リチウム電池パックに対応する従来の電池パックと内部計算比を計算する。 48.1Vは42〜60Vで、48Vの従来型バッテリパックと同様に、内部計算比は4です。
2)。バッテリータイプをカスタムタイプに設定します
3)。主充電電圧値= 13.65V(54.6V / 4 = 13.65V、内部演算倍率= 4)に設定する。
4)。フロート電圧値を13.33と13.65の間に設定します。 (主充電電圧は13.65V-(0〜0.3V)です
上記の設定は、ホストコンピュータ、WiFiモジュール、またはコントローラで行うことができます(設定可能なモデルが必要です)。